鼻唄三昧

青春鉄道が好きな腐ったオタクが好き勝手語ります(二次元・鉄道・本・食べもの・日常語りのごちゃ混ぜ仕様)

全部ゲンブさんのせいだ

↑SKISKIのキャッチコピー風にお読みください

 

劇場版シンカリオンのMVPはゲンブさんでした。全部持ってかれました。
あの状況、あのタイミングで颯爽と登場してくるのホントズルかったです。
声に出して笑ってしまいそうなのをこらえるのに必死でした。

 

新たな敵の特性や過去未来に行き来する条件など小難しくて理解することを放棄しましたが、シンカリオン適合率に影響する鉄分の正体がますます分からなくなってきました。
子供であるセイリュウくんのみならず、大人であろうゲンブさんもビャッコさんも乗れるとはこれ如何に。
適合率が低くシンカリオンの本来のポテンシャル発揮できないけどギリギリ乗れる大人なだけでしょうか。
鉄分は夢をまっすぐ持ち続ける心とか魂の清らかさとか、そういうもんだと思ってましたが…これはぜひ2期で明らかにして欲しい所です。

 

劇場版で残念だったところ。
序盤からエヴァ、ミク、ゴジラ…怒涛のコラボで殴られて負傷。もー札束厚すぎぃ…!
アニメ放映中は1話につき1コラボだったのが一気にぶち込まれた結果クドさしか感じず、本編を楽しむ意欲をのっけから削いでくれました。
から揚げとステーキとすき焼きをいっぺんに口にねじ込まれた気分になったのは私だけではないと思いたい。
特に文句が言いたいのはゴジラだ!劇中に何度も出てきて交戦したり敵を攻撃したりゴジラの役割や目的は一体何だったのか分からず仕舞いで終わってしまった。
映画館に通うつもりでしたが、過剰なコラボに精神的胸やけを起こしてしまったのでリピートはないでしょう。
いや、もう一回くらいは落ち着いて観ようかな。ゲンブさんに全部持ってかれて記憶が曖昧ですし。

 

うだうだ言ってもシンカリオンに課金したいのでコラボカフェは行きたいです(なんという矛盾)
スイパラ4店舗と原宿スピンズカフェ。
メニューのビジュアルを見た感じスピンズカフェの方がお高いけどスイパラより美味しそうに見えます。
コラボカフェはアニメイトカフェしか行ったことないのでどんなモノが出てくるか分かりませんが、クオリティには期待を抱かず空間を楽しんで行こうと思います。

 

あと大宮駅の西口にアメポテがついに潰れて、鉄道系飲食店へ変わったらしいのでそちらにも足を運びたい所存。
青鉄民ホイホイな期間限定のトレインカクテルがあるし、私が好きなナポリタンもある。
以前企画であった、JR系ホテルのカクテルフェアよりカジュアルなのがありがたい。
金曜の混雑を避けるべく金曜以外の平日の夜ふらっとご飯食べに行きたいです。

豚舎から放牧された社畜へ

色々ひと段落着いたのでようやくオタ活にも時間使えるぞヒャッハー!
27日から公開されるシンカリオンの劇場版も席取っちゃったもんね!
神速の運転手…ホクトパパに激似じゃない!?
もしやハヤトくんの腹違いの兄弟?あの野郎…愛妻家気取って起きながら外でも種ばr…(略 とか俗世に塗れた想像していたら、どうやら違うようで安心しました。
劇場版で稼げれば二期が作られるとの思いで、何度か劇場に足を運ぶ予定です。

 

社畜社畜だけど前職はガチガチに管理された豚舎で飼われている感じでしたが、現職はするべき仕事が終わった後の空いた時間は勉強なり工作なり好きに使って良いよ~という自由度の高い放牧スタイルに変わりました。
異業種に転職したので覚える事や勉強しなくてはならない事は多いですが、前職で定年までずっとこの仕事し続けるの?そんなのはいやだ!という辛さを抱えていた事に比べたら喜びでしかありません。
当初はこのまったり進行にとても違和感を覚えておりましたが、人間というのは苦にも楽にも慣れてしまうという事を今痛烈に思い知っております。もうすっかりなじんでる。
中途の人間も多く激務ブラックからの転職組は、給料安いけど仕事は楽過ぎて他に転職できるくなるwwwとまんまと飼いならされてます。

 

ただ、前職より体力を使わない仕事になったのでじわじわ太って来ました。
年末年始、美味しいものを食べる機会に恵まれますが食べ過ぎに注意、ヨシ!でいきます(現場猫ブーム)

それゆけ兄・弟・愛!

twitter.com

私を殺すような漫画がツイートされていて歓喜に打ち震えるほかない。毎度とんでもねえご褒美ありがとうこざいますっ…!
兄弟が同じコマに居るだけで萌えゲージブチ破るのに、濃厚な絡みまで見せつけられてもう昇天するっきゃNIGHT☆(昭和センス)
ホントお兄ちゃんの発想が突拍子もないので、常識人寄りな弟さんは!?!?の嵐だと思います。
どうしようもないのなら、せめて最後は俺の手で葬ってやりたいとか思考回路ぶっ飛んでる。
手段はともかく、その根底には確かに愛らしきものがあるのが分かっている分、兄のことを心の底から嫌うことができないんだろうと推察します。
まあきっとこの後、兄陸が得意な別の方法で慰めてくれると思うので心配はしていません。
辛いことはちょっと横に置いておいてさ、今は気持ちよくなろう?くらいのことは言っていると思いますよ。
翌朝、気分がリセットされていてちょっと悔しがる弟を受信しました。

 

その後、ご本家による北陸兄弟に関する刮目すべき弩級の激萌ツイート。
弟「嫌です(キパッ」→兄から見た弟「やだぁ~(*ノωノ)」
恐ろしいくらいのギャップに弟さん涙目。
嫌だとぴしゃりと言われても、かわいい子猫がへそ曲げてる程度にしか感じてないであろう兄陸。美味しすぎる。
兄陸には人の心はないけれど、弟と良い関係を保ちたい気持ちはあるように見えるんですよね。
人の心がない分、思っていることを言葉を介さず本能的に肉体で伝えようとした結果、その手の経験が豊富なのかなと考えてみたり。
言葉や理屈じゃなくて触れあって確かめ合おうよ。そっちのほうがずっと確実に伝わるだろ?みたいな感覚で本能を前面に押し出して生きてきたのかなと思いました。
すなわち北陸兄弟は既にカップルということでは?(超解釈)
弟陸の可愛さがこのまま発信され続けると、北陸上官愛されアンソロジーが発行されるのも時間の問題。裸マフラー待機してます。

 

11/23のガタケの一般参加を考えてますが、3次元で色々用事が出来て日程がギリギリにならないと分からないので行けるかどうか未定です。
鉄ライもなんとなくパスしてしまったので、年内のオタク行事が無いことに寂しさを感じてます。
職場の先輩たちが趣味に熱くなっている姿を見て、私もオタ活で熱くなりたいぜ!と思う反面、今回の転職で仕事が趣味に近づいた部分があるので、割と満たされてしまっている面もあったります。
青鉄のお陰で世界が広がり、保守的な人生を送っていた私が考えてもなかった選択を出来ました。
いま、新卒時の自分がビタ一文想像してなかった仕事をしています。
10年前に大宮のアニメイトで青鉄の商業誌1巻を手に取ってなければ、きっと前職で悶々としながら定年を迎えていたでしょう。
高校で理系を選択したきっかけはFF7ゼノギアスというゲームだし、転職する業界を選択したしたきっかけは青鉄だし、このオタク…ハマったジャンルに人生左右されてやがる…!チョロい!!
情熱を傾けられる好きなことを選んだほうが良いし、後悔は少ないというのは真理だと思ってます(当社比)