鼻唄三昧

青春鉄道が好きな腐ったオタクが好き勝手語ります(二次元・鉄道・本・食べもの・日常語りのごちゃ混ぜ仕様)

2018年春の18きっぷ旅・北陸2 名古屋~金沢~大宮

よし、シンカリオン65話でアイアンスチーマーが再登場した今がチャンス…!
2018年(1年前)の記事の続きです。

hanautaya.hateblo.jp

二日目は兄陸で金沢まで行き、帰りは弟陸で大宮まで帰るという北陸兄弟を満喫するための行程。
(名古屋→米原敦賀→福井→松任→金沢→大宮)

 

f:id:mhanauta:20190311205022j:plain

名古屋で一泊し、特別快速なジュニアに乗ってお兄ちゃんと米原でプロミス!

 

f:id:mhanauta:20190311205026j:plain

521系でひたすら各駅で金沢に向かいます。
お昼に福井でかにめし買って車内で食べたら、いい感じに眠くなり福井以降ほとんど爆睡していた件。
はて、満喫とは…?

 

f:id:mhanauta:20190311205030j:plain

敦賀駅の階段で盛大に弟を待っているの図。たまらん。

 

f:id:mhanauta:20190311205033j:plain

同じく敦賀駅掲示物。発泡スチロールで立体的にアピールしており文化祭の様相を呈してます。
これだけ見たら宇都宮から敦賀へ向かうように見えるのが難。
北陸上官は宇都宮を通らないのに、なぜ宇都宮を入れたのかが疑問です。

 

f:id:mhanauta:20190311205036j:plain

雷鳥と書いてサンダーバート(厳密には別物)(りんかいのノリで読んでください)

 

f:id:mhanauta:20190311205039j:plain

福井駅のベンチに恐竜博士が当然のような顔をして座ってらっしゃる。

 

f:id:mhanauta:20190311205045j:plain

シンカリオン5話で登場したアイアンスチーマーのモデルとなった蒸気機関車
金沢からほど近い松任(まっとう)駅の南口近くに展示してありました。
駅放送によると松任の発音は納豆と同じです。

 

f:id:mhanauta:20190311205050j:plain

ツラヌキくんと母ちゃんが見えます(幻視)

 

f:id:mhanauta:20190311205054j:plain

北陸兄弟がやっと出会えた駅・金沢。
この観光客がごった返す中、あの兄弟が働いているのかと妄想すると胸が熱い。

 

f:id:mhanauta:20190311205058j:plain

金沢駅と言ったら鼓門!
世界で最も美しい駅の一つに選ばれただけあって、景観の美しさは頭ひとつ抜けてます。
さすが!麗しの北陸兄弟がいる駅にふさわしい佇まい!!と静かにテンション上げながら駅周辺を練り歩いてました。

 

f:id:mhanauta:20190311205101j:plain

不室屋という加賀麩のお店直営のカフェ・FUMUROYA CAFÉ(フムロヤカフェ)金沢百番街店にてパフェを頂きました。
昔からみそ汁に浮いている麩が大好きな私大歓喜のお店、ランチも美味しそうです。

 

f:id:mhanauta:20190311205104j:plain

帰りは北陸上官で大宮まで一気に帰ります。
実はつい最近までE7のロゴマークは数字の7をデザインしたものだと知りませんでした。

 

f:id:mhanauta:20190311205108j:plain

恒例の自分へのお土産。
浜松駅のお土産屋さんでゲットしたお茶塩ポテチとうなぎパイファクトリーでゲットしたうなぎパイV.S.O.P.(最上位グレードのうなぎパイ

 

今度はただ通り過ぎるだけの旅でしたが、次回は北陸方面に泊って観光もガッツリしたいです。

新元号のお披露目

元号を知ったのはお昼の食堂。
同僚がスマホの速報を見せてくれて知りました。
れいわ。音の響きはいい感じだけど「令」という字面がなんか元号っぽくないと感じました。
私の含めた中年女性の感想としては、なんかしっくりこない。まあでも使っているうちに慣れるか。というものでした。
昭和生まれですが平成になった時のことは幼児だった故、微塵も覚えていません。
なので意識がはっきりしている今、元号が発表する瞬間はさぞかし盛り上がると思いましたがいざ迎えてみると意外とあっさりして拍子抜け。
そういえば3.11の時も当時はちょっとヤバいかもしれない…程度の感覚でした。
後で考えると非日常満載なバタバタした1年でした。計画停電のせい生活リズム狂うわ、信号付かないわ、希望退職募るわで。
大変だったことや大事なことは後になってようやく自覚するもののようです。渦中ではあまり気付けない。

 

f:id:mhanauta:20190401202056j:plain

新年度始まりを期に10年ぶりくらいにお財布新調しました。
皮の長財布を使っていましたが、普段の荷物を軽くしたいのでお札を2つ折りで入れられる薄型の小さなお財布を選びました。
あやの小路という京都のがま口専門店のお品です。
色・柄・形が豊富で使いやすく、キーケースもカードケースも小銭入れもここのメーカーのものを使ってます。
可愛いがまの実柄の生地に一目惚れして御徒町・パルコ屋の実店舗でゲットしてきました。
布製なのでバックの中で荷物と擦れて生地が痛んでしまい、布の擦れて色が抜けたり汚れたりし易い(私の扱いが雑という線もある)ですが好きです。

決意を揺さぶる人事キター

何が何でも2020年3月(最短2019年10月)には今の会社を辞めて転職する!と決意して早4か月。
年度が変わる節目に、仕事内容が大分変わるとのお達しを受けました。
え…ちょっ…今まで「人が少ないから~」との理由で4年くらいスルーされていた異動希望がなぜ今叶う!?
辞めると決意した途端これだよ!人生ままならない!!
予想外の展開に動揺して帰りがけにお菓子を1000円分買い込みました。
干し芋とかタロイモで出来たポテチとか買った。謎行動。

 

このまま今の職場で働き続けていく分には願ったり叶ったりな嬉しい人事でした。
しかし、新しい仕事をするための教育を1~2か月受け、ようやく使い物になってから1年未満で辞めるとなると私の中にあるなけなしの良心がちくりと痛むのです。
せっかく育ててもらったのにすぐ辞めるのは悪いなと。
辞める時の心理的ハードルが少し上がってしまい少しブルーです。

  

新しい仕事では今まで腐らしていた資格を使うので資格手当ついてラッキー☆
定期昇給という言葉をここ5年聞いてない弊社においては実質昇給みたいのもの。
あと職務履歴書に書けるネタが一つ増えるという利点があるので、総合的に見たら事態好転と言ってよいでしょう。

 

そんなこんなで辞める時のハードルが少し上がってしまいましたが辞める事には変わりません。
自分の人生を大事に図太く生きるのだと決めたのですから。